覚えた
必ず役立つ簡単時計の知識
 
 


機械式時計
【手巻き、自動巻き】

 
 
ゼンマイの戻ろうとする力を利用して動きます。内部は精密部品が詰まっているため衝撃に弱く精度も一日10秒くらいから数分です。 定期的オーバーホールが必要となります。

  最近気になる事があります、それは機械式時計(手巻き、自動巻き)のクォーツとか電波時計のような高精度を期待している人が増えているようにも思われます。 特にスイス時計は高い値段で売られているので、期待はもっともですが、所詮沢山の歯車の複雑な組み合わせで駆動させるのですから、無理と言うものです。

 一部の特別な時計を除きまして、御使用と共にぶつけたり落下させたり、磁気の影響を受けたりしまして、オーバーホール・分解掃除調整直後の精度を長く維持する事は困難です。 カメラならばこちらはフイルムカメラ。
               
                    
set02sw.gifset02sw.gifset02sw.gifball02d.gifset02si.gifset02si.gifset02ss.gifset02sh.gifset02so.gifset02sp.gifball02d.gifset02sc.gifset02o.gifball02d.gifset02sj.gifset02sp.gif       


クォーツ式時計


 
機械式時計の精密部品部分を電子回路が代行安価で高精度です。 今日では千円くらいからも御購入できますが、薄型とか高精度のものは高価です。 カメラならばこちらはデジタルカメラ、デジカメ。           
         

set02sw.gifset02sw.gifset02sw.gifball02d.gifset02si.gifset02si.gifset02ss.gifset02sh.gifset02so.gifset02sp.gifball02d.gifset02sc.gifset02o.gifball02d.gifset02sj.gifset02sp.gif       
 

電池交換時の注

 
 
時計が日本製、外国製を問わず特殊なものを除き電池は規格品のためどこの時計店でも交換できます。 但し数十種類あるので需要の少ない電池が用意されてない場合があります。 商売ですので仕方がありません

 電池の容量と発信を計ってもらい、容量と発信のあって不動の場合は故障の可能性があります。
      

防水性と防水機能


 
夏季に汗を多量にかく方は50m以上の防水時計をお勧めします。 防水性は経年劣化する事を頭に入れて、古くなった時計はほとんど非防水状態である事を認識の上ご使用される事をお勧めします。 

 またEU製(^。^)の時計は気候の違いで高温多湿用に設計されていないものもあるので特に要注意です。 あちらの方は品のいい汗か冷や汗しかかかないのでしょう。(*^_^*) 目的別にご使用されるといいと思います。
      
 

磁気の影響


 最近色々と問題が発生しているのが磁気です。 携帯電話を始めノートパソコン等々の普及に伴いその悪影響が出ています。 1時間に5分も狂うなどと言うのは大体が磁気の影響と思われても過言ではないかもしれません。 クォーツ時計は特に注意が必要となります。

 磁気時期に注意しましょう、に直ります。(*^_^*)

 特に注意を必要とする身近な機器を挙げておきましょう。

 健康器具、ノートパソコン、電動マ-ジャン台、冷蔵庫・レンジのドア−、ハンドバッグの留め具、携帯電話のスピーカー、 IH・電磁調理器具等、イヤホン要注意!

  更に詳しく知りたい方はセイコーシチズンのオフィシャルサイトに詳しく掲載されていますし、最近の国内メーカーの時計はほとんどが磁気対策が取れているはずです。 IWCインヂェニア、ロレックスミルガウスは磁気シールドでは有名な時計でした。

set02sw.gifset02sw.gifset02sw.gifball02d.gifset02si.gifset02si.gifset02ss.gifset02sh.gifset02so.gifset02sp.gifball02d.gifset02sc.gifset02o.gifball02d.gifset02sj.gifset02sp.gif    
    

 

          
              トップページへ  | 時計修理の代表的修理例